炭酸水は水筒に入れても大丈夫?ダメ?詳しく解説

水筒に炭酸水を入れて持ち運びたい!  

二酸化炭素が含まれたお水である炭酸水。

最近は、お水の代わりに炭酸水を飲んでいる方も珍しくないですよね。

今回は、炭酸水を水筒に入れて持ち運ぶことができるのかどうかを解説していきます。

水筒に入れても大丈夫なのかを詳しくご説明していきますよ。

どうしても炭酸水を持ち運びたい方向けの水筒もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【本題】水筒に炭酸水を入れても大丈夫?それともダメ?

それでは、水筒に炭酸水を入れても大丈夫なのでしょうか?

結論を先に言うと、基本的には普通の水筒に炭酸水を入れてはいけません

理由は2つあります。

  1. 水筒内の圧力が高くなるから
  2. 金属が溶ける可能性があるから

それでは詳しく見ていきましょう。

水筒内の圧力が高くなるから

1つ目の理由は、水筒内の圧力が高くなってしまうからです。

炭酸飲料は温度が上昇するにつれて二酸化炭素の溶解度が下がります。

いくら保冷性の高い水筒でも、時間が経つと徐々に水筒内の温度は下がってしまいます。

そして、液体から抜け出た二酸化炭素(気体としては炭酸ガス)が水筒内に充満します。

よって、水筒の内圧が高くなってしまいふたがきつく締め付けられてしまうのですね。

この作用から、水筒のふたが開かなかったり水筒が壊れたりする可能性があるんですよ。

また、無理やりふたを開けると内容物が吹きだしたり、壊れた水筒の破片が飛び散る恐れもあります。

金属が溶ける可能性があるから

2つ目の理由は、金属が溶ける可能性があるからです。

炭酸水は、酸性の液体です。

よって長い時間にわたって水筒に入れると、水筒内部の金属が溶けだす恐れがあります。

金属が溶け込んだ炭酸水を飲むと、頭痛や吐き気、めまいなどの中毒症状を起こす場合がありますよ。

このように、炭酸水を水筒に入れることは危険なリスクがたくさんあるのでやめましょうね。

万が一水筒に炭酸水を入れてしまった時の対応

ここまでの説明で、なぜ水筒に炭酸水を入れてはいけないのかがわかりましたね。

それでは、もし誤って水筒に炭酸水を入れてしまった場合はどのように対処すればよいのでしょうか?

対処法を簡潔に言うと、冷やすことです。

炭酸は、温度が上がることで圧力がかかりやすくなります。

よって、温度を下げることで圧力を下げることができるのですよ。

1,2時間ほど、冷蔵庫に入れる方法が簡単かつすぐできるためおすすめです。

また、急いでいるからと冷凍庫に入れることは絶対にしてはいけません。

炭酸水を凍らせると、液体時よりも膨張して水筒が壊れてしまう可能性があるためです。

どうしても早く水筒を開きたい方は、氷水の入った大きいボールに水筒をつけましょう。

ビール瓶を冷やすようにクルクルと水槽を回すと効率的に水筒全体が冷やされます。

最後に炭酸水を入れても大丈夫なおすすめの水筒(ボトル)を紹介

これまで、炭酸水を普通の水筒に入れてはいけないと解説をしてきました。

しかし価格が少々高めの水筒であれば、炭酸水を入れることができる商品もあるんですよ!

今回は、炭酸水をいれても大丈夫な水筒を3点ご紹介します。

ぜひ、チェックしてみてくださいね

  • RevoMax2
  • FLSK
  • HYDRO FLASK

それでは、1つ1つを詳しくみていきましょう。

RevoMax2

1つ目におすすめする水筒は、RevoMax2です。

RevoMax2の水筒に炭酸飲料を入れても大丈夫な理由は以下の通りです。

キャップ構造 二重密閉構造になっているため、完全に開く前に絶妙に空気を逃す働きをする。

このため、炭酸を入れても吹きこぼれたり内圧でキャップが開かなくなることがない。

18−8ステンレス 耐食性・耐熱性に極めて優れた18−8スレンレスが使用されている。

このおかげで、金属が飲料水に溶け込むのを防ぐことができる。

次に、商品の仕様について説明します。

密閉・開閉はワンタッチで行うことができます。

片手で行うことができるのはとても便利ですよね。

また、断熱構造のため36時間の保冷・18時間の保温が可能になっています。

進行断熱構造で熱を逃さず、鉄コーティングで断熱性が高められている水筒だからですね。

キャップは分解することができるので、汚れがたまらず衛生面も安心です。

カラーバリエーションはサイズによって違いますが、どれも多くの色から選ぶことができますよ。

最後に価格について説明します。

  • 355ml(75mm×203mm)の場合、5,478円(税込)
  • 592ml(75mm×270mm)の場合、6,028円(税込)
  • 950ml(87mm×300mm)の場合、6,578円(税込)

RevoMax2は、機能性の高い炭酸水が入れられる水筒を探している方におすすめです!

FLSK

2つ目ににおすすめする水筒はFLSKです。

FLSKの水筒に炭酸飲料を入れても大丈夫な理由は以下の通りです。

密封性 ボトルの飲み口に合わせて緻密に設計されたキャップになっている。

このおかげで、大幅なガス漏れや炭酸水漏れがおこらないようになっている。

発泡性維持・ガス爆発防止 水筒内に溜まった出た二酸化炭素(炭酸ガス)が蓋を緩める時に抜けるように設計されている。

これによって、キャップを開けた時のガス爆発も防ぐことができる。

誤って水筒を振ってしまった場合でも、少しキャップを緩め炭酸ガスを逃すことで、

吹きこぼれる心配を防ぐことができる。

次に、商品の仕様について説明します。

商品内容は、ボトル本体・キャップ・パッキンの3点です。

選べる水筒のカラーは黒や白などの定番色はもちろん、とても豊富な種類がありますよ。

また、保冷24時間・保温18時間を実現する、世界最高クラスの保湿力を持ちます。

炭酸飲料はもちろん、アルコール飲料も入れて持ち運ぶことができる水筒です。

ウォッカボトルに多く採用されているステンレスと同じ素材で作られているからですね。

最後に、価格について説明します。

この水筒は、サイズによって値段が変わります。

値段の一覧は、以下の通りです。

  • 500mlの場合、4,900円(税別)
  • 750mlの場合、5,900円(税別)
  • 1000mlの場合、6,900円(税別)

FLSKは、デザイン性の高い炭酸水が入れられる水筒を探している方におすすめです!

HYDRO FLASK

3つ目ににおすすめする水筒はHYDRO FLASKです。

HYDRO FLASKの水筒に炭酸飲料を入れても大丈夫な理由は以下の通りです。

キャップ 炭酸水の持ち運びが可能な独自開発のキャップ構造になっている。
ハンドル 持ち運び、注ぎが簡単な流線型の超耐久性ハンドルを採用している。

次に、商品の使用について説明します。

この水筒の保冷時間は24時間、保温時間は6時間です。

真空断熱構造な上、二重のステンレス層をもつため、長い時間にわたり保温保冷効果が実現するようですね。

また、水筒の表面がマットになっています。

これは、独自のパウダー加工が施されているからであり、温度差による結露を抑える効果がありますよ。

最後に価格について説明します。

HYDRO FLASKにはたくさんの種類の水筒・カップがあります。

しかし、炭酸水が入れられるのは64 oz Growlerという種類のみなので注意しましょう。

64 oz Growler(容量1.9L・119.6mm×290mm)は、8,500円(税別)

カラーは、ホワイト・パシフィック・オリーブ・ブラックの5種類から選べますよ。

HYDRO FLASKは、時間が経ってもキンキンに冷えた炭酸水が飲める水筒を探している方におすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

炭酸水を水筒に入れてはいけないのはなぜなのか、また対処法もわかりましたね。

家にある炭酸水を学校や会社で飲みたい方は、おすすめした水筒をぜひ参考にしてみてくださいね。

ふたが開かなくなる心配のない水筒で、炭酸水をおいしく飲みましょう!