サントリー天然水 ウォーターサーバーを紹介!口コミでは臭いという噂も!?

ウォーターサーバー

サントリー天然水 ウォーターサーバーについて解説!

大手飲料メーカーのサントリーは、「水と生きる」という信念を掲げる大企業。

「南アルプスの天然水」は、多くの人がスーパーやコンビニ、自販機で目にしたことがあるのではないでしょうか。

実はサントリーはウォーターサーバーも手掛けているんですよ。

今回は、サントリー天然水ウォーターサーバーについて徹底解説!

ウォーターサーバーや水の特徴はもちろん、料金体系や解約方法、気になる口コミもまとめています。

ネガティブな「水が臭い」という口コミの真相についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

そもそも「サントリー天然水」ってどんな水?

まず、ウォーターサーバーで使用するサントリー天然水について解説します。

水にこだわり、ウォーターサーバーを導入する人にとって、どんな水を使用しているのかは気になるところですよね。

どんな種類の水なのか。

どのような品質管理がなされ、安全性が高いのかどうかをご紹介していきます。

南アルプスの天然水を採用

サントリー天然水 ウォーターサーバーでは、南アルプスの天然水を使用しています。

ペットボトル飲料として販売されている「南アルプスの天然水」と同じものですね。

自然においしい水がとれる採水地に工場を構える会社も多いですよね。

その上、サントリーではよりおいしい天然水のため、水を育む森づくりにも力を入れています。

サントリーの森づくりは2011年から開始し、専門家の助言を受けながら樹木の健康管理や獣害対策などさまざまな取り組みを実施。

数十年後、100年後も美味しい水が作られるための健康な森を育む活動を実施しています。

サントリー天然水の採水地、山梨県北杜市白州町で採水した南アルプスの天然水には、20年以上の長い年月をかけてたまったミネラルが含まれます。

ミネラルは、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・カリウムがバランスよく含まれますよ。

採水方法も余計な加工を施さず、ろ過・沈殿・加熱殺菌以外の処理を行いません。

自然な天然水の良さを最大限に生かした「ナチュラルミネラルウォーター」を味わえるでしょう。

徹底した品質管理

質の高い天然水を提供するため、品質管理も徹底しています。

水は毎日飲んだり料理に使ったりするものなので、特に品質には気を使いますよね。

サントリーでは安心して天然水を飲んでもらえるよう、下記3つの検査を実施しています。

  • 微生物検査
  • 官能検査
  • 化学検査

微生物検査では細菌による汚染がないか。

化学検査ではph値や硬度、ミネラル成分の変化を調べ、人の五感を用いる官能検査でデータだけでは分からない変化を調査します。

日常的な上記の検査に加え、定期検査で水道法水質基準51項目+サントリー独自の基準項目合わせて200項目をチェック

自然環境から採水した天然水を、より自然な状態で提供するからこそ品質管理は難しいもの。

サントリーでは厳重な品質管理体制を整え、安心・安全にナチュラルな天然水を提供できるよう努力しているんですね。

サントリー天然水 ウォーターサーバーの特徴

さて、次はサントリー天然水ウォーターサーバーの特徴をご紹介します。

ウォーターサーバーの性能は、ウォーターサーバーを扱う各会社でこだわりがあるもの。

使い方はほぼ一緒では?と思われることもありますが、使いやすさや搭載されている機能に差が出るんですよ。

下記では、サントリー天然水ウォーターサーバーの5つの機能について解説します。

おいしさキーパー機能を搭載

1つ目の機能は、おいしさキーパー機能です。

これは、サントリーが独自で開発したウォーターサーバーの機能。

南アルプスで汲み上げた天然水を、時間が経ってもおいしいまま提供できるように搭載されたものですね。

仕組みとしては、1日1回サーバー内に熱湯が循環して雑菌を除去し、水が通る場所を清潔に保つようになっています。

使い方は簡単です。自分の都合の良い時間にセットしておけば毎日勝手に機能してくれますよ。

ただし、おいしさキーパー作動中は2時間程サーバーを使用することができません。

また、おいしさキーパー終了後は即時使えるようにはなりますが、冷水はすぐには出てきません。

通常通り使用するには、ざっくり3時間程見ておいたほうがいいでしょう。

そのため、おいしさキーパーは就寝中や仕事で長時間外出する時間など、サーバーを使用しない時間に作動させるようにしましょう。

4段階温度設定機能を搭載

2つ目の機能は、4段階温度設定機能です。

他社のウォーターサーバーは、冷水とお湯の温度はある程度固定のものが多いですよね。

サントリー天然水ウォーターサーバーでは、なんと4段階に温度設定が可能なんです。

冷水 通常モード 4-9℃
弱冷モード 12-15℃
お湯 通常モード 85-92℃
弱温モード 70-75℃

コンビニでも常温水が売られているように、冷たい水を避ける方もいますよね。

とくに冬などは、キンキンに冷えた水は飲みにくいという方もいるでしょう。

サントリー天然水のウォーターサーバーでは、常温に近い弱冷モードを搭載しています。

さらに、お湯に関しては赤ちゃんのミルク作りに適した弱温モードも搭載されていますよ。

弱冷・弱温モードであれば、便利さはもちろんですが電気代も節約され省エネにもなります

お水・お湯の温度もこだわりたい方には嬉しい機能ですね。

2重のチャイルドロック機能を搭載

3つ目の機能は、2重のチャイルドロック機能です。

熱いお湯がボタン1つで出てくるウォーターサーバーは、お子さんがいるご家庭への設置は不安がありますよね。

最近のサーバーの多くはチャイルドロック機能が搭載されていますが、サントリーでは2重のロックを搭載。

まず1つ目は、お湯と冷水の注水をロックする基本のものです。

そして2つ目が、すべての操作をロックする全操作ロックボタンです。

注水ロック機能の解除ボタンは外パネルにあるため、場合によってはお子さんが解除する可能性もありますよね。

そのため万が一に備え、水のタンクが入っている扉の内側に全操作ロックボタンを設置。

お子さんが簡単に操作できない内側にあるので、簡単にロックが外れる心配がなく安全に使用できるでしょう。

容器には外気から守るバックインボックスを採用

4つ目の機能は、水の品質を守るバックインボックスを採用した点です。

名前の通り、箱の中に天然水が入ったポリエチレンバックを収納。

せっかくの美味しい水も、太陽光にさらされたり外気に触れると品質が悪化してしまいます。

そのため、サントリーでは天然水を2重構造で守る独自の容器を採用。

ダンボール箱が陽の光から、ポリエチレンバックが外気に触れることのないよう天然水を守り品質を保ちます。

また、バックインボックスは段ボール箱のままサーバーに取り付け可能!

水を箱から出して設置して…等の手間がない上に、後片付けも楽々にできます。

水を使いきったらダンボール箱は潰し、中のポリエチレンバックも小さく畳んで捨てることができます。

大きなガロンボトルはゴミもかさばるので、小さくまとまるのは助かりますね。

取り付けが簡単

5つ目の機能が、取り付けの簡単さです。

まず、水の量は1箱7.8Lと小ぶりなので、女性はもちろん年配の方でも無理なくサーバーに設置できます。

一般的に他社のウォーターサーバーでは、12Lのガロンボトルを採用しているところが多くあります。

12Lということは12kg+ボトルの重さで約13kg程。

サーバー上部で交換するものとなると、楽々交換とはいきませんよね。

そこでサントリーでは、お客様の声を元にの天然水ボックスの軽量化を実現。

さらに、負担がかかりにくい胸の高さほどの位置で交換作業が出来るようサーバーの高さにも配慮。

箱のまま設置し、本体レバーを回すだけで簡単に水の設置・交換が可能です。

強い力で押し込んだりする必要もないので、取り付け作業が苦にならないのは嬉しいですね。

サントリー天然水 ウォーターサーバーの料金はどれくらい?

さて、天然水はもちろんサーバーにも魅力的な機能が多いサントリー天然水ウォーターサーバー。

気になるのはウォーターサーバーを設置・維持する際の費用ですよね。

必要な費用や、月々の料金がどのぐらいになるのか。

サントリー天然水ウォーターサーバーでは、「基本となるプラン」と「お水をたくさん頼む方向け」の2つのプランが用意されています。

スマートプラン バリュープラン
無料の特典
  • サーバーレンタル
  • 初期費用
  • 配送料
  • メンテナンス
  • サーバーレンタル
  • 初期費用
  • 配送料
  • メンテナンス
  • 休止手数料
月会費 0円 1,000円(税抜)
水の料金 1,250円(税抜)/1箱(7.8L)
※1回の配送単位は3・6・9箱から
1,050円(税抜)/1箱(7.8L)
※1回の配送単位は3・6・9箱から
月の合計 3箱:3,750円(税抜)
6箱:7,500円(税抜)
9箱:11,250円(税抜)
3箱:4,150円(税抜)
6箱:7,300円(税抜)
9箱:10,450円(税抜)

どのプランを選んでも、サーバーレンタル・初期費用・配送料・メンテナンス料はすべて無料です。

かかる料金は月々お水の料金だけなんですね。

1ヶ月3箱(23L程)であれば、スマートプランで十分でしょう。

1ヶ月に6箱以上(46L程)注文する方は上記の表を見ての通り、バリュープランがお得です。

月会費はかかりますが、その分水の料金が安くなるのでお得になります。

また、どちらのプランも水があまった場合は配送をスキップすることができます。

ただし、スマートプランの場合は直近2ヶ月に水の配送がない場合は、休止手数料1000円がかかります。

自分の家でどらぐらいの水の量が必要か考えて、合うプランを選びましょう。

公式サイトはこちら

気になる申し込みのやり方と解約方法とは

次は、サントリー天然水ウォーターサーバーの申し込み方法と解約方法をご紹介します。

申し込みをするにしても、解約する場合の方法や条件が分からないと不安ですよね。

ウォーターサーバーを導入する前に、まずは最初の申し込みと万が一の解約方法をチェックしておきましょう。

サントリー天然水 ウォーターサーバーの申し込み方法

サントリー天然水ウォーターサーバーはWebまたは電話で申し込み可能です。

申し込み手順は下記のとおり。

  1. 郵便番号で住所を確認し配送可能エリアかチェック
  2. ウォーターサーバーの色を決める
  3. 初回お届け日時を選択
  4. 水の配送間隔を設定
  5. 登録内容の確認と簡単なアンケートに答え申し込み完了

Webから申し込む場合は、新規申し込みか他社からの乗り換えかで申し込みリンクが異なるので注意しましょう。

新規入会の場合は特典で天然水2箱(7.8L×2)がプレゼント。

他社からの乗り換えの場合は、天然水2箱+JCBギフトカード8,000円がもらえる特典がありますよ。

サントリー天然水 ウォーターサーバーの解約方法

サントリー天然水ウォーターサーバーの解約は、電話のみで受け付けています。

申し込みとは違い、Webからの手続きはできません。

オペレーターに解約をしたい旨を伝え、サーバーの返却日などを調整します。

また、解約前に必ず確認しておきたいのが解約手数料です。

サントリー天然水ウォーターサーバーは、契約日数によって解約手数料がかかる場合とかからない場合があります。

サーバー設置から12ヶ月以内 15,000円(税抜)
サーバー設置日が属する月から12ヶ月経過後24ヶ月経過前 9,000円(税抜)
年1回の更新月 解約手数料無料
契約から2年目以上経過後 解約手数料無料

契約から1年以内、もしくは1年目の更新月を逃し、2年経過するよりも前に解約する場合は手数料がかかります。

サントリー天然水ウォーターサーバーは1年ごとに契約更新があるので、最短で1年使えば解約手数料がかかりませんよ。

解約の問い合わせ先は下記のとおりです。

0120-328-310
オペレーター受付時間:9:00-18:00
(土日・祝日・年末年始を除く)

解約する場合は、タイミングによって手数料分損をする場合があるので、契約月をしっかり確認しておきましょう。

サントリー天然水 ウォーターサーバーに関するポジティブな口コミ

さて、次は、サントリー天然水ウォーターサーバーに関する口コミをチェックしましょう。

まずはポジティブな内容の口コミをご紹介します。


もともとサントリーの南アルプスの天然水が好きだった方の口コミです。

ペットボトルのお水を毎回買うなら、いっそウォーターサーバーを導入するという方も多いのでしょう。

サントリーの場合は、すでに販売されているミネラルウォーターの味をそのままサーバーで楽しめるのが魅力的ですね。


サントリーのウォーターサーバーを、子供や犬のために導入した方の口コミです。

決め手は水の発注管理がWeb上でできるから、という点です。

最近では他社でもWebマイページから発注管理できるところが多々あります。

やはり発注管理が手軽にできるという点は、ウォーターサーバー選びでは重要になりますよね。

その他にも、サントリーという大手企業だから信頼できる

奇抜ではないけれど、シンプルながらデザインがおしゃれといったポジティブな口コミが多数見られましたよ。

中には「臭い」というネガティブな口コミも…

さて、次はサントリー天然水ウォーターサーバーのネガティブな口コミを見てみましょう。

確認してみると、「臭い」という口コミが目立ちました。


お湯を使用する場合に臭い&変な味がするという口コミです。

さらに、グラスで見ると浮遊物まであるとのことなので、不安になるでしょう。

2年以上使用しているということですが、突然臭いが出てくると困りますね。


サーバーの水が臭くなり、気になって他の口コミを調べた方です。

「臭い」という意見が多く見られたとあり、不安を感じてしまいますよね。


サーバーの水から突然臭いが発生し困ってしまった方の口コミです。

交換したのに臭い、どうしたらいいか分からないととてもお困りの様子ですね。

このように、ネット上では度々「サントリーのウォーターサーバーの臭いが気になる」という口コミが見られます。

ではなぜ水が臭くなってしまうのか。

次の項目で水が臭い時に考えられる要因について詳しく解説します。

サントリー天然水 ウォーターサーバーが臭い時に考えられること

口コミを見ると、最初から臭いのではなく突然臭いが発生したといった内容が多いですよね。

美味しいはずの天然水が臭い時に考えられる要因は2つあります。

  • 設置場所の問題
  • お手入頻度の問題

では具体的になにが問題なのか、下記で詳しく解説します。

設置場所に原因がある

水が臭い1つ目の要因は、設置場所です。

サントリーの水は、外気や日光による劣化を防ぐ独自のバックインボックスという容器に入っていると説明しましたね。

確かに品質を保つための容器にはなっているものの、どこに置いていても良いというわけではありません。

公式サイトでは、保管場所で避けてほしい場所として下記のように説明しています。

  • 屋外
  • 直射日光が当たる場所や熱源の近く
  • 湿度の高い場所や不衛生な場所
  • ニオイ移りのしやすい場所(芳香剤・洗剤・線香等)
  • ペットケージの近く

通常のガロンボトルと比べると、ダンボールやポリエチレンバックは臭いうつりがしやすい材質です。

また雑菌が繁殖しにくい工夫をしているとはいえ、直射日光・高温多湿に長時間置けば品質が劣化しやすくなる可能性もあります。

これは、天然水ボックスの保管はもちろんサーバーの設置場所についても同じことが言えます。

今までの置き場所で平気だったのに急に…、という場合は季節により気温や湿度が変わったことも関係しているかもしれません。

急に臭いが気になった場合は、水の保管場所・サーバーの設置場所を見直してみましょう。

お手入れの頻度が少ない(していない)

水が臭い2つ目の要因は、サーバーのお手入頻度です。

上記のサーバー性能で、おいしさキープ機能がついており1日1回の自動クリーンをしてくれると解説しましたね。

サーバー内部は上記の機能で清潔に保っているので、大掛かりなメンテナンス等は確かに必要ありません。

ただし、どうしても私たちの手や生活する環境の空気には、ある程度の雑菌が存在してしまいます。

そのためサントリーでは、下記の場所は日常的にお手入れをするように推奨しています。

  • 天然水ボックスを装着するコネクター部分
    【目安:水ボトルを交換する時に】
  • 注水口・水受けトレイ周辺
    【目安:汚れが気になった時に】

お手入れには、除菌アルコールウェットティッシュと、キッチン用除菌アルコールスプレーを使用しましょう。

いずれも無香料のものを選択してください。

水を装着するコネクター部分の金属をアルコールウェットティッシュで拭き、仕上げに除菌用スプレーを吹きかけます。

注水口やトレイ周辺も、同じくアルコールウェットティッシュで拭きます。

注水口は汚れが付着ても気づきにくい場所なので、綿棒に除菌スプレーを吹きかけたもので内側1cmぐらいまでを掃除します。

口コミでも、使用後年数が経過した方が臭いが気になるという口コミを投稿しているケースが多くありました。

使用年数が経過したものの場合、汚れが溜まって臭いが発生する可能性もあるため、日常的なお掃除を心がけましょう。

サントリー天然水 ウォーターサーバーについてまとめ

いかがでしたか?

大手企業サントリーが作り上げたこだわりのウォーターサーバーは、とても魅力的なものですね。

噂の口コミ「臭いが気になる」という内容があるのは、事実でした。

ただし、定期的なお手入れと正しい保管方法で臭いを気にせず美味しいお水を楽しめるでしょう。

新規申し込みや、乗り換えの特典も充実しているのもポイントですよ。

気になる方は、まず一度サントリーの南アルプスの天然水を飲んでみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら