ウォーターサーバーは災害時も使える?停電でもお湯は使えるの?

ウォーターサーバー

災害時のウォーターサーバーについて解説!

ここ10年ほど、地震や大雨等の災害による甚大な被害が続いている日本。

人々の防災に対する意識が高まっていく中、防災グッズの売れ行きものびていますね。

中でも、断水などで水道水が使えなくなった時の備蓄用として、ウォーターサーバーに注目が集まっています

災害時に、飲み水として安全なお水を手に入れることができたら助かりますよね。

ここでは、災害時にも使えるウォーターサーバーについてご紹介したいと思います。

ウォーターサーバーは災害時も使えるって本当?

災害が起こった時、停電などにより電化製品が使えなくなることは多いようです。

でもウォーターサーバーには電気を使わなくても、使用できるものがあることをご存知ですか?

ウォーターサーバーには、

  • ボタン式など、水を出す時に電気を使うタイプ
  • コック式など、水を出す時に電気を使わないタイプ

の2種類が存在します。

後者の場合は災害によって停電が起こっても、引き続き使用することが可能なのです。

最近では、ウォーターサーバーを導入する理由として「災害時に備蓄水として利用したいから」と考える人も多いようです。

いざという時に使用できる機種かどうか、購入前には必ずチェックしておきましょう。

災害時にも使えるウォーターサーバーはこれ!

災害に強いウォーターサーバーは、本体の機能以外にも注目するべき点があります。

災害時の貯蓄水として考えるなら、賞味期限の長いRO水を扱っているメーカーのものを選ぶと便利です。

RO水とはRO膜によってろ過して不純物をとり除いた水(ピュアウォーター)のこと。

天然水に比べて賞味期限が長いという特徴があります。

また、宅配業者に頼らず自社宅配を行っているメーカーなら、災害時も配送が止まる可能性が低くなります。

これらを踏まえた上で、災害時に活躍してくれそうなウォーターサーバーを5種類ご紹介しましょう。

各ウォーターサーバーの特徴と、災害時にどのようなメリットがあるかを確認してみてくださいね。

クリクラ

クリクラは世界基準の衛生管理システム「HACCP」を取得しており、水に対する安全意識の高さがうかがえます

また公式サイト上では、備蓄水を定期的に消費して常に新しい水を保管しておく“ローリングストック”を推奨。

そんなクリクラが提供するウォーターサーバーは、日本気象協会公認の防災グッズとして認められているのです。

クリクラのウォーターサーバーは、給水口がコック式になっています。

また、ボトルを上に設置するタイプなので、水をモーターでくみ上げる必要がありません。

電気が使えなくなっても、常温の水ならいつも通り飲むことができます。

連続使用する場合、1週間~10日くらいならウォーターサーバーを安全に使用することができるそうですよ。

自治体から支援が入るまでの緊急対応用としては、十分な機能を持っていると言えるでしょう。

水の種類 RO水(賞味期限6ヶ月)
水の料金 1,350円/12L
宅配の種類 自社宅配
サーバーレンタル料 0円(※メンテナンス料金460円/月)
電気代 約756円/月(※省エネサーバーの場合)

アルピナウォーター

アルピナウォーターの水は、北アルプスの湧き水から不純物を取りのぞいて作られています。

12Lボトルのほかに、18.9Lの大容量(5ガロン)ボトルを取り扱っており貯蓄水として重宝しそうですね。

また水の賞味期限が1年で、他メーカーよりも長く保存がきくという利点もあります。

公式サイトによると、開封後も1ヶ月程度は安心して飲むことができるようですよ。

水のボトルを上に設置するタイプで、コック式なので停電時も問題なく使えます。

アルピナウォーターのウォーターサーバーは、多くの自治体と災害協定を結んでいることで知られています。

東日本大震災の際にも被災地へ供給された実績があり、災害時に利用できるウォーターサーバーとしておすすめです。

水の種類 RO水(賞味期限1年)
水の料金 1,050円/12L
宅配の種類 自社宅配(自社宅配ができないエリアもあり)
サーバーレンタル料 872円(エコサーバーの場合)
電気代 約580円/月 (エコサーバーの場合)

アクアクララ アクアファブ

アクアクララ アクアファブは、アクアクララが提供するウォーターサーバーの中でもとてもデザイン性の高い機種です。

黒(または白)一色のオシャレなボディーで、給水コックやトレイを隠すカバーがとりつけ可能。

普段はシンプルで使いやすく、災害時には頼りになる給水機として活躍してくれそうですね。

アクアクララは2016年の熊本地震の際、自社宅配によって水を届け続けたという実績を持っています。

この時には、多少の宅配の遅れがみられたものの、必要量の供給を行うことができたのです。

アクアクララは全国各地に自社工場があり、物流管理に優れています。

災害時の対応に非常に強いメーカーといえるでしょう。

北海道から沖縄まで、専門のスタッフが自宅に届けてくれることになっています。

ウォーターサーバーには転倒防止ワイヤーが設置されていて、地震にも強い設計なのも魅力ですね。

水の種類 RO水(賞味期限6ヶ月)
水の料金 1,200円/12L
宅配の種類 自社宅配
サーバーレンタル料 1,500円/月(メンテナンス料金含む)
電気代 約800円/月

信濃湧水

 

信濃湧水は災害に強い設計になっており、かつ安く天然水を楽しみたい方向けのウォーターサーバーです。

水は北アルプスの矢沢水源から採水し、徹底的な品質管理のもと私たちのところへ届けられます。

信濃湧水の水は1年間の賞味期限を設けています。

これは、天然水としては非常に長い保存期間なんですよ。

災害時の備蓄水としても役立ちそうですね。

すっきりとした白いデザインで、水ボトルは1回ごとに使い捨てのワンウェイタイプ。

余分に購入しておき、何本かをいざという時のために蓄えておくとよいでしょう。

12Lあたりの水料金は1,500円で、天然水としては業界最安となっています。

サーバーレンタル料もかからず、“天然水は高い”というイメージを拭いさってくれるメーカーです。

水の種類 天然水(賞味期限1年)
水の料金 1,500円/12L
宅配の種類 自社宅配(自社宅配ができないエリアもあり)
サーバーレンタル料 0円/月
電気代 約470円/月(エコサーバーの場合)

ピュアハワイアンウォーター

ピュアハワイアンウォーターのウォーターサーバーも、災害時に力を発揮します。

コック式の給水口、さらにボトルを上に設置するタイプで、停電が起きた際も問題なく使用できそうですね。

ピュアハワイアンウォーターは、利用者の美容と健康に配慮したメーカーとなっています。

地球上でもっとも美しいといわれるハワイの水をROろ過。

不純物のない、ピュアなハワイの水を味わうことができると人気を集めているんですよ。

また、プラス1,000円で水素水サーバーのとりつけが可能で、高濃度の水素水を楽しむこともできます。

南国風のボトルは部屋の雰囲気を明るくし、また災害時には給水機として活躍してくれることでしょう。

ピュアハワイアンウォーター・アルピナウォーター・信濃湧水の3種は、いずれもトーエル が経営しているウォーターサーバーです。

災害時に使いやすいよう、同じ水準の工夫がされており、いずれもトーエルのスタッフが自社配送する仕組みになっています。

水の種類 RO水(賞味期限1年)
水の料金 1,800円/12L
宅配の種類 自社宅配(自社宅配ができないエリアもあり)
サーバーレンタル料 0円/月
電気代 約650円/月(エコサーバーの場合)

災害時(停電)にお湯は使える?使えない?

これまでに紹介したウォーターサーバー5種は、停電していても水を出すことができます。

ただし、電気がなくても動かすことができるのは、水を出す機能だけ。

お湯を沸かすためには電気が必要になるので、ご紹介したウォーターサーバーでも温水を出すことはできません

また、温度を保つことができないので、冷たい水を出すこともできなくなります。

災害時には即席めんを温めたり、ミルク作りなどお湯を沸かしたい場面も多いことでしょう。

カセットコンロなどもあわせてそろえておくと安心ですね。

ほかには、電気やガス以外の力で使えるポットなどが便利ですよ。

現在、色んな動力でお湯を沸かすことのできるポットが、Amazonや楽天等でも販売されています。

  • 車のバッテリで使えるタイプ
  • アルコールランプ式
  • 発熱材で加熱する
  • 新聞紙や小枝などわずかな燃料で燃える
  • 太陽光を利用する

また木炭を利用する七輪も、災害時の調理器具として注目を集めています。

時間がある時にチェックしてみるといいでしょう。

 まとめ!

電気が止まってしまえば、電化製品はいっさい動きません。

ウォーターサーバーも同じく、停電すれば使えなくなると思っていた人は多いのではないでしょうか。

しかし、緊急時にも大切な水を手に入れることができるよう、ウォーターサーバー各社は工夫をこらしています。

水は人間にとってなくてはならないもの。

万が一の事態にそなえて、災害時に強いウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。