黒色のウォーターサーバーが知りたい!どれくらいあるの?

ウォーターサーバー

黒色のウォーターサーバーを教えて!

オフィスや家庭にあると何かと便利なウォーターサーバー。

今回は、黒色のウォーターサーバーをご紹介します。

黒色はスタイリッシュでかっこいいですよね。

どのメーカーに黒色のウォーターサーバーがあるのか。

また、ウォーターサーバーを購入するにあたって注意しなければならないことも合わせてご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

黒色のウォーターサーバーはこれ!

それでは、さっそく黒色のウォーターサーバーをご紹介します。

今回ご紹介するウォーターサーバーはこちらです。

  1. プレミアムウォーター
  2. フレシャス
  3. コスモウォーター
  4. アクアクララ
  5. キララ

黒色のデザインという点は同じですが、機能や料金、サイズなどが違うこともあります。

どのようなウォーターサーバーを求めているのかを、ここを参考にして考えてみてくださいね。

それでは、詳しく説明していきます。

プレミアムウォーター

最初におすすめするのはプレミアムウォーター

黒色があるサーバーは以下の通りです。

  • スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)
  • スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)
  • amadanaウォーターサーバー
  • amadanaスタンダードサーバー
  • cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー
  • QuOL

カラーを黒色に絞ったとしても、6種類からデザインを選べるのはすごいですね。

プレミアムウォーターは、おいしさにこだわった天然水を使用しています。

また、チャイルドロックがかかるので、お子様のいる家庭でも安心して使用できますよ。

お水の追加はアプリで注文可能なのも便利ですよね。

価格は以下の通りです。

基本プラン 契約年数は2年。1セット(12L×2本)から宅配可能。

月4,233円(税込)

PREMIUM3年パック 契約年数は3年。1セット(12L×2本または7L×2本)から宅配可能。

月3,974円(税込)または月3,542円(税込)

PREMIUM WATER MOM CLUB お申し込み時に妊娠または5歳以下のお子様がいるご家庭のみ。

初回設置料が無料・一部のサーバーレンタル料が半額。

契約年数は3年。1セット(12L×2本)から宅配可能。

月3,283円(税込)

月1,100円のレンタル料がかかるサーバーも一部あるようです。確認してみてくださいね。

天然水の送料は、一部のお水の種類を除き無料ですよ。

公式サイトはこちら

フレシャス

2番目におすすめするのはフレシャス

黒色があるサーバーは以下の通りです。

  • デザイナーズモデル dewo
  • デザイナーズモデル dewo mini
  • デザイナーズモデル Slat Slat+cafe
  • ベーシックモデル SIPHON+

全てデザインやサイズが違うので、選ぶのが楽しいですよね。

またフレシャスは、サーバーの水を受ける部分が高く設計されていて、とても注ぎやすくなっています。

それに加えて、設置面積がA4スペースにおさまるくらいの小さめサイズなので、置くところにも困らないなどの利点もあるんですよ。

価格例は以下の通りです。

dewo 水1パック(7.2L)あたり

FRECIOUS富士 1,155円(税抜)

FRECIOUS朝霧高原 1,140円(税抜)

FRECIOUS木曽 1,170円(税抜)

dewo mini 水1パック(4.7L)あたり

FRECIOUS富士 925円(税抜)

Slat ボトル1本(9.3L)あたり

FRECIOUS富士 1,506円(税抜)

Slat+cafe ボトル1本(9.3L)あたり

FRECIOUS富士 1,506円(税抜)

SIPHON+ 水1パック(7.2L)あたり

FRECIOUS富士 1,155円(税抜)

FRECIOUS木曽 1,170円(税抜)

頼んだお水の代金を払うシステムみたいですね。

また、全てのデザインで送料とメンテナンス料が無料です。

お水の頼む量によってサーバーレンタル代がかかるので注意しましょう。

公式サイトはこちら

コスモウォーター

3番目におすすめするのはコスモウォーター

黒色があるサーバーは、Smartプラスです。

デザインの種類は1展開のみのようですね。

こちらのサーバーのデザインは、給水・給湯口とレバー以外の全てが黒に統一されています。

お部屋の家具を真っ黒に統一したいと思っている方におすすめのサーバーですよ。

またSmartプラスは、ボトル交換が足元で簡単にできるサーバーです。

加えて、給水口の高さがちょうどよい設計なので使いやすそうですよね。

価格例は以下の通りです。

単身者 ボトル2本(12L×2本)=月3,800円(税別)
夫婦 ボトル3本(12L×3本)=月5,700円(税別)
3人家族 ボトル4本(12L×4本)=月7,600円(税別)
5人家族 ボトル8本(12×8本)=月15,200円(税別)
10名程度のオフィス ボトル8本(12×8本)=月15,200円(税別)

頼んだ量のお水の代金を毎月支払うシステムのようです。

サーバーレンタル代金や定期メンテナンス代金などもかかりません。

コスパを求めるならば、このウォーターサーバーはおすすめですよ。

公式サイトはこちら

アクアクララ

4番目におすすめするのはアクアクララ

黒色があるサーバーは以下の通りです。

  • アクアウィズ
  • アクアファブ
  • アクアアドバンス

公式サイトを見るとわかりますが、アクアウィズはコーヒーマシン一体型のサーバーです。

アクアウィズとアクアファブは、ほぼ全て黒色でカラーリングされているのでとても格好いいですよ。

アクアアドバンスは、正面部分が黒になっているデザイン。

シルバーとの組み合わせが、スタイリッシュさを生み出していますね。

またアクアクララは、お水をレギュラーボトル(12L)とスリムボトル(7L)から選べます。

設置作業や定期メンテナンスはプロにお任せなので、楽であると同時に安心ですよね。

価格例は以下の通りです。2人暮らしでの料金を想定しています。

アクアウィズ サーバー代3,900円+サポート代1,500円+お水代2,400円=月7,800円(税別)
アクアファブ サーバー代3,700円+サポート代1,300円+お水代2,400円=月7,400円(税別)
アクアアドバンス サーバー代3,900円+サポート代1,500円+お水代2,400円=月7,800円(税別)

デザイン性・機能性に優れたウォーターサーバーを求めている方には、こちらをおすすめします。

安心サポートつきのため、困ったことや起こった場合すぐに対処できるのも利点ですよね。

公式サイトはこちら

キララ

最後におすすめするのはキララ

黒色があるサーバーは、Kirala Smart Serverです。

サーバー上部はブラウンですが、その部分以外は黒に統一されたカラーリング。

曲線の美しさを生かして、スマートに洗練されたデザインとなっています。

黒色だとよりスタイリッシュさが増しますね。

またKirala Smart Serveは、給水口が広いため水筒やボトルも楽に注げるサーバーです。

水を注ぐ時、おしゃれな感じでLEDが点滅するので暗所でも使用可能ですよ。

それに加えて奥行きが18cmという驚きのスリムさなので、家具のすきまに入りそうですよね。

炭酸シェイカーがあれば、炭酸水もつくれますよ。

価格例は以下の通りです。

レンタルプラン(3年プラン) サーバーレンタル代1,200円+お水代4,600円=月5,800円(税別)
レンタルプラン(2年プラン) サーバーレンタル代1,200円+お水代5,000円=月6,200円(税別)
レンタルプラン(1年プラン) サーバーレンタル代1,200円+お水代5,400円=月6,600円(税別)
購入プラン サーバー代83,000円+お水代4,400円=87,400円(税別)

長い年月に渡って使用するならば、購入プランをおすすめします。

加えて、オプション料金に、炭酸シェイカーや炭酸ガスカートリッジがありますよ。

キララも要チェックのウォーターサーバーです。

公式サイトはこちら

色以外で事前にチェックすることはある?

これまでは黒色のデザインのウォーターサーバーをご紹介しました。

では、色以外にはどのような点をチェックした方が良いのでしょうか?

チェックした方が良い点は2つあります。

  • 費用
  • 水の設置方法

それでは、詳しく見ていきましょう。

費用

まずチェックした方がよい点は費用です。

ウォーターサーバーは、商品によって様々な費用がかかる場合があります。

チェックしたほうがよい費用の例は以下の通りです。

サーバー代 ウォーターサーバーを無料レンタルできるメーカーもあるが、別途で料金がかかるメーカーもある。
メンテナンス代 無料のメーカーもあるが、年間で費用が決まっているメーカーもある。
キャンセル代(解約料金) 契約期間を満たずに解約する場合、大体5,000円〜10,000円かかる。

他にお水の代金はもちろん、送料や電気代にも注意した方がよいでしょう。

結果として、どのくらい費用がかかるのか見積もりを出しておくことが大切ですね。

水の設置方法

次にチェックした方がよい点は水の設置方法です。

水の設置方法は、商品によって異なります。

毎月の水の設置が面倒だったり、大変だったりして後悔する人もいるようですよ。

特に、女性の方やシニアの方は注意をした方がよいでしょう。

一般的に、毎月ボトル2本以上のお水が各家庭に配達されます。

2本で24Lなので、24kgのお水を玄関からウォーターサーバーの元へ運ばなければならないのです。

加えて、ボトルを入れる場所が上部にあると12kgのボトルを持ち上げなければなりません。

買おうとしているウォーターサーバーの水をセットする場所はチェックしておいた方がよさそうですね。

気になる黒色のウォーターサーバーに申し込もう!

いかがだったでしょうか?

好きな黒色のウォーターサーバーは見つかりましたでしょうか。

また、サイズやかかる費用、お水のセット方法などをしっかり吟味しなければいけないこともわかりましたね。

ぜひここを参考にして、気に入った黒色のウォーターサーバーをゲットしてくださいね。